認定講師とは

PPFを生活に活かし、効果的に活用できるよう指導出来る人を言います。
認定講師の証として、「認定証」と「ロゴマーク」の入った名刺を発行します。
また、PPF協会のWebサイトでの紹介や、企業・団体・教育機関からの講師依頼をお知らせしています。

認定講師の条件

  1. PPF上級講座が終了している。
  2. PPF認定講師資格試験に合格している。
  3. PPF協会との認定講師契約を交わしている。
  4. PPF認定講師資格の更新をしている。
  5. PPF認定講師講座を受講している。

認定講師の種類

一般認定講師

<開催できる講座>
・ 導入講座
・ 初級講座

自分自身のビジネスに活かせる
PPFを多くの人に広められる

▶ 認定講師資格試験に合格した人

シニア認定講師

<開催できる講座>
・導入講座 ・初級講座
・中級講座

人の個性を理解し携わり方を具体的に指導出来る人

▶ 初級講座の開催が10回以上・受講者100人

マスター認定講師

<開催できる講座>
・導入講座 ・初級講座
・中級講座 ・上級講座

人の生き方を明確にしモチベーション維持に携われる人

▶ 中級講座の開催が20回以上・受講者200人

プロフェッショナル認定講師

<開催できる講座>
・導入講座 ・初級講座
・中級講座 ・上級講座

● PPFコーチング
● エグゼクティブコーチ

人の個性を強みに成長させ目的を達成させられる人

▶ 上級講座の開催が20回以上 ・ 受講者300人

リーダー認定講師

<開催できる講座>
・導入講座 ・初級講座
・中級講座 ・上級講座

● PPFコーチング
● エグゼクティブコーチ
● 認定講師の育成

それぞれの個性を理解して心理的且つ経済的自立を促せる人

▶ コーチング人数 300人

認定講師講座

認定講師になるためには、認定講師講座を受講する必要があります。
認定講師講座ではPPF導入講座(90分)を作製し、講師として指導出来るようになるまで関わるものです。
作成時間や授業を行えるようになるまでの時間には個人差があるため、one ON oneもしくは、極少人数での開催をしています。